FC2ブログ

大判の色和紙漉いてみました。

こんばんは!S木です。

昨日は21年アクティ森に在籍していた
和紙アーティストのOさんが退職されました。

センスが良く、勉強熱心なOさんは憧れであり、尊敬する人であり
ずっとずっと一緒にいて学ばせて頂きたいと心から願う方でした。

展示室の模様替えの時は、Oさんの漉く大判の色和紙を商品の下に敷く
事で、伝統的な雰囲気と気品のある空間ができあがりました。

その和紙をもう漉いて貰う事が出来なくなるのは、とても惜しい事です。

でも、嘆いていても変化しないので、最後のお仕事としてOさんに頼みこみ
昨日1時間ほど漉きたい和紙の仕組みを教わって、本日にわか仕込みで漉いてみました。

927 003
昨日Oさんと染めた和紙の原料を枠に流し込みます。
栗染め和紙です。
こちらは私、S木が漉いております。
927 002
近くで見ていて興味を持った◎石くんも参加です。
大判和紙は緊張しますね!
927 005
脱水します。
少し紙が薄かったみたいです。
この加減が熟練の技なんですよね。
初めてでは作りたいものではなく出来たものになっちゃいますね!
927 008
そーっと枠から外して熱い鉄板に張って乾燥させます。
927 004
こちらは化学染料で染めた和紙の原料です。
こちらは小さい枠で漉いてみました。
927 010
あたりは真っ暗で分かりずらいですが、このハガキの下に引いてある和紙と
花瓶の下に引いた濃い色の和紙ができました。
927 011
半分に切って10月のイベント体験「はしおき(5個)」を置いてみました。

Oさんが、何度もやってみて!
と繰り返し言っていた訳がよ~く分かりました。

何度も何度も作って、コツをつかんで技術がアップしていくんですね。
「教えてください」だけでは成長できませんね。

知識は経験する事で智慧となり自分の身について行くんですね!

これから模様替えの度に少しずつ漉いていきたいと思います。
展示室の商品だけでなく、敷いてある和紙も見てくださいねー。
がんばりまーす(^O^)/

Oさん長い間お勤めありがとうございました。
これから制作していく作品、楽しみにしています(^o^)丿
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクティ森

Author:アクティ森
〒437-0204
静岡県周智郡森町問詰
1115-1
TEL0538-85-0115
FAX0538-85-0117
森町体験の里アクティ森

◆アクティ森3つのお楽しみ
1陶芸・和紙など伝統文化体験
2パターゴルフなどアウトドア
3四季折々のこだわりの旬の食
詳しくは
HPをご覧ください。自然の中でのんびり過ごしませんか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR